第三者保守サービス専用ポータル「Keep-IT」 » 機器別の保守対策 » ハードウェアトラブルの原因

ハードウェアトラブルの原因

ハードウェアに何らかのトラブルが発生すると、障害が生じてシステムがダウンしてしまいます。では、そもそもなぜハードウェアが故障してしまうのでしょうか?ここでは、ハードウェアの故障原因や故障を未然に防ぐ方法を紹介します。

ハードウェアの故障

PC本体

PCを構成するハードウェアが故障することがあります。たとえばPCに物理的な強い衝撃を与えた場合や、パーツ交換時の接触不良や破損、USBポートやコネクタへの接触不良、水や湿気が入ったことによる内部機械のショートなど。

また、電源ユニットやCPUファンに埃がつくと熱暴走してしまいます。PC本体の故障にはさまざまな原因がありますが、コンセントをさしても通電しない場合にはバッテリーが破損している可能性があります。PCからいったん取り出し、焦げ付きや膨張、溶解などが起きていないかを確認しましょう。

サーバー

サーバーが故障する原因としては、HDDや電源ユニット、CPU、マザーボード、CPUクーラー、メモリなどが故障している可能性があります。サーバー機は常に稼働しているため、いつも熱を帯びた状態。そのためサーバー機内部の部品が劣化しやすいのです。

また、物理的な故障ではないものの、アクセス集中によるシステムダウンやDDos攻撃といったサイバー攻撃によるシステムダウンも考えられます。

ネットワーク機器

ネットワーク障害はビジネスに大きな影響を与えてしまいます。ネットワーク障害が起こる原因としてはハードウェアの故障や人為的ミス(設定ミスなど)、帯域の占有インターネット・SaaSなどの外部の障害が挙げられます。

ハードウェアの故障原因とは

外部要因

外部要因とは、社外やサーバーの外に原因がある場合をさします。また、自然災害やアクセス集中、サイバー攻撃なども外部要因に分類されます。

災害

落雷や台風、地震、水害などの影響により、電力設備やコンピュータ施設が損壊する可能性があります。たとえばサーバーが起動しない、異音や焦げ臭いにおいがするなどの場合にはサーバールームに浸水や停電が発生している可能性があります。

アクセス集中

サーバーにアクセスが集中すると、リクエスト処理が追いつかずに動作が遅くなることがあります。最悪の場合はダウンしてしまい、サイトが利用停止状態になることも。「ウェブサイトへアクセスできない」「ネットワークが遅延している」などの場合はアクセス集中によるサーバー障害だと考えられるでしょう。ただしDDoS攻撃を受けている際にも同様の事象が起きるため、監視をすることも大切です。

サイバー攻撃(ネットワークウイルスなど)

DDoS攻撃のほか不正侵入やデータ改ざん・破壊、ウイルス攻撃などが挙げられます。サイバー攻撃はどんどん巧妙化しており、業務が停止してしまうリスクも。近年ではゲーム運営用サーバーに不正侵入され、重要なデータが破壊されてしまった事例もありました。

内部要因

ハードウェア故障の原因が社内やサーバー本体にある場合です。ハードウェア自体が故障した、人為的なミスがあったなどの原因が考えられます。

ソフトウェアの不具合

いわゆる「バグ」と呼ばれるソフトウェアそのものに不具合が生じているケースです。開発の初期段階に軽微なバグがあることは珍しくなく、納品後もベンダーなどの手によって修正を重ねていきます。

機器の破損

部品の劣化や破損、故障などによって障害が起こるケースです。たとえばサーバーを長時間使用し続けると発熱量が増えるため、熱暴走を起こす可能性があります。とくに高温多湿になりやすい5~9月はサーバー機器の湿度・温度対策を講じておきましょう。

人的ミス

操作や設定ミス、プログラムのバグ、メンテナンス不備などは人的ミスに分類されます。「データにアクセスできない」「ファイルやフォルダが開かない」などの場合は操作や設定でミスをしている可能性があります。

ハードウェアの故障を防ぐための対策

負荷分散を行う

サーバーへのアクセス集中による障害を防ぐため、ロードバランサーなど負荷分散の仕組みを導入するのがおすすめです。サーバーが止められないシステムやサービスを担っている場合は負荷分散を行いましょう。

運用監視システムの導入

故障によって深刻なトラブルが発生する前に、サーバーの運用を監視してくれるシステムの導入がおすすめです。監視システムでは「サーバーが正常に稼動しているか」「障害が発生していないか」を監視しており、死活監視やハードウェア監視、トラフィック監視などを行います。

二重化する(予備システムの導入)

サーバーを1台だけ導入するのではなく、予備サーバーを用意して障害耐性を高めておきましょう。たとえば通常使用しているサーバーになんらかの障害が発生した場合でも、予備サーバーが代わりとなって処理を行ってくれます。その間にダウンしたサーバーを復旧することができるため、継続したシステムの稼働が可能です。

様々な機器に対応できる
第三者保守サービスをチェック

注目!第三者保守の専門業者一覧を見る
保守の種類やパーツのストックが豊富な
第三者保守サービス3選

全国に対応する第三者保守会社の中で、保守の種類が2種類以上あり、パーツのストックが10,000点以上の会社を3社ピックアップしました。

リプレース費用を
最大80%カット
コスト削減
重視して会社を選ぶなら
フィールドワン
フィールドワン

引用元:フィールドワン公式HP
https://field-one.com/

注目ポイント
  • 「新品置き換え」「中古置き換え」「継続使用」の組み合わせで、コストメリットの高いリプレースを計画。80%のコスト削減に成功した事例あり(※)
  • 予備パーツを事前に送り、故障発生時に自身で問題の切り分け&故障個所の特定を行って修理する「パーツ供給サービス」で保守費用をさらに削減
保守の種類
  • オンサイト保守
  • センドバック保守
※2023年8月23日調査時点
全国2000社10万台
をサポート
実績を重視して
会社を選ぶなら
データライブ
データライブ

引用元:データライブ公式HP
https://www.datalive.co.jp/

注目ポイント
  • 金融・通信・電力・公共などの社会インフラ企業を含む、全国2000社10万台以上(※)の実績で、IT機器の長期稼働を支援
  • 社会インフラ企業の支援のため、自社工場内でパーツを修理・整備し、全量で品質検査&情報保管。保守手順の確立や障害対応専門の部門の保持など、保守品質全体の向上にも貢献
保守の種類
  • オンサイト保守
  • センドバック保守
    (パーツ保守)
※2023年8月23日調査時点
ハイエンド機器・
大規模環境にも精通
品質を重視して
会社を選ぶなら
ネットワンネクスト
ネットワンネクスト

引用元:ネットワンネクスト公式HP
https://www.netone-next.co.jp/service/maintenance/

注目ポイント
  • ハイエンド機器や大規模環境にも対応可能な第三者保守のほかに、レンタルやECサイトを活用した中古再生品の販売まで、網羅的なサービスを提供
  • 全国4時間以内での部材発送や駆け付け、200名を超えるエンジニアによる保守体制など、安心して任せられる質の高いサポートを実施
保守の種類
  • オンサイト保守
  • センドバック保守
※2023年8月23日調査時点

【選定条件】

2023年6月21日時点、Googleで「第三者保守サービス」と検索して50位以内に表示された公式HPのうち、第三者保守サービスを行っている23社を調査。そのうち、「全国対応」「パーツ備蓄量が10,000点以上」「保守の種別が2種類以上」の会社を6社選定。

さらに、以下の理由から3社を選定しました。

フィールドワン:コスト削減に力を入れており、削減率の実例が公式HPに記載されている

データライブ:第三者保守の対応実績が最も多い

ネットワンネクスト:ハイエンド機器や大型設備機器の第三者保守に加えて、再生品の販売(ECサイト)やレンタルなど網羅的にサービスを提供